格安税理士なら川口会計事務所

今の税理士報酬適正ですか?
私たちは選ばれる理由〜信頼の川口税務会計事務所〜
他の会計事務所と違い税理士が直接担当
お客様のニーズに応じた料金体系
地域最安値の顧問料で高品質なサービスを提供
こんなことでお悩みではありませんか?
このようなお悩みをお持ちなら私たち川口税務会計事務所にお任せ下さい!
川口税理士事務所がなぜ低価格で高品質なサービスを提供できるのか?
こんなことでお悩みではありませんか?

最近ではインターネット上で低価格を売りにしている税理士事務所が増えてきました。
しかし、川口税理士事務所は他の税理士事務所のように、単純に価格の値下げを行っているのではなく、以下のものを「減らす」「無くす」「増やす」ことにより、低価格で高品質なサービスを提供しておりますので、全国のお客様に安心してご利用頂いております。
単なる顧問料が安いことを売り文句にしている税理士事務所を選ぶと、それ以上の不利益が襲いかかる可能性が高いです!

標準料金表

内容は、3カ月に1度ご訪問頂き、税理士が直接お会いしてご相談に乗ります。(記帳代行、給与計算は含まれません。)ご訪問が不要あるいはご来社頂ける場合には、全国のお客様に対応が可能です。なお、あくまで標準の料金表ですので、内容の難易度・分量によって若干の報酬の変動があります。

前年度売上高
報酬(月額)
決算料
年末調整
2,000万円以下
10,500円
138,600円
10,500円
5,000万円以下
16,800円
157,500円
16,800円
7,000万円以下
18,900円
176,400円
18,900円
1億円以下
21,000円
195,300円
21,000円
2億円以下
23,100円
214,200円
23,100円
3億円以下
31,500円
277,200円
31,500円
4億円以下
36,750円
340,200円
36,750円
5億円以下
42,000円
403,200円
42,000円
メールでお問い合わせ
川口税理士事務所

東京都千代田区神田小川町3-11-2
インペリアル御茶ノ水118

単純な格安税理士に依頼をすると税金を損する可能性があります。

最近インターネット上では低価格を売りにしている会計事務所の広告を数多く見るようになりましたが、それでも弊社に顧問契約を移して頂いた会社様は多くあります。

これらの会社様の共通点としては、税理士を格安というだけで選んでしまい(極端に安い例ですと年間報酬が数万円というケースもありました)、税務署に提出をした申告書の中身を見てみたら、とんでも内容だったということも少なくありません。

実際にあった例ですが、期中の会計処理は記帳代行の会社に依頼し、毎月の税務と決算申告は会計事務所に年額10万円程度(年間売上高は数億円ありましたので会社規模からすると格安な税理士報酬です)支払っていました。

この会社は利益が毎期出ていたので会計事務所に節税について相談をしたところ、役員報酬の増額と役員賞与の支給をした方が良いというアドバイスをもらったということです。

ところが、この会社の社長は既に多額の役員報酬をもらっていたので、これ以上金額を増やすと個人の税金が多額になってしまいますし、また役員賞与は経費として認められませんので、結果としてこの社長は多額の税金を支払うことになってしまったのです。

この規模であれば、本当は年額で少なくとも50万円以上は頂かないと会計事務所は品質を保つことができないのに、年額10万円で引き受けてしまったため、結局この会社を担当したのは経験の少ない職員ということでした。

税理士報酬を削減出来たとしても大きくても年額で10万円ぐらいだと思いますが、この会社は結局税金を100万円以上損してしまいました。

これはあくまで1年だけの話ですので、これが長い期間で見たらとんでもない金額を損したことになります。

会計事務所を探す場合どうしても料金だけで探しがちですが、このように安易に格安税理士を探すと税金を大損する可能性がありますので、なるべく品質面を考慮した上で選ぶことをお勧めします。

なお、弊社では顧問契約に関するお問い合わせを随時承っておりますので、お気軽にお問合せください。

【決算申告を自分で出来るか】

最近は格安の会計ソフトが普及していることもあって税理士に依頼せずに自分で決算申告をする方が増えているようですが、専門家の立場からすると、ご自身でやった場合には細かいミスが発生することが多く、また利益が出た場合には節税対策がきちんとできない場合が多いのでお勧めしていません。

また決算申告をするのに期限がありますので、ある程度自分でやってみて間に合わないから慌てて格安税理士に依頼しようと思っても、ぎりぎりの場合には引き受けてもらえない場合もあるので、資金繰りに問題がない場合には、なるべく専門家に依頼することをお勧めします。